女性の慢性便秘

女性の慢性化された便秘をどうにかしたいなら!

女性が便秘になりやすい便原因の一つにトイレに行くのを我慢してしまうことで便を催す機能が正常に働かなくなることがります。そして便秘の症状により色々なタイプに分けることが出来ます。その中で女性の慢性化された便秘によくみられるのが「直腸性便秘」というものです。

 

まず、直腸性便秘の定義は、便が大腸ではなく何らかの原因により直腸付近に溜まっているという事です。直腸は大腸よりも腸管が太いので、溜まる便も太くなりがちです。そして、慢性化しやすいタイプの便秘なので、長時間腸内にとどまると腐敗して有害なガスを発生させます。大腸がんを発症する危険もあるので、便秘解消の対策を講じる必要が生じます。

 

対策の1つとしては、便意を我慢しない事です。直腸まで降りてきた便が排出されずに我慢を続けると、身体が直腸に便がある状態に慣れてしまい便秘になってしまいます。また、骨盤底筋と呼ばれる肛門付近の筋力が弱まる事で、排便時にスムーズに便を送り出す事が出来なくなってしまいます。

 

 

便秘解消の為には、まず我慢をせずにトイレに行く時間を生活リズムの中に取り入れて習慣化することです。それにより、便意を感じやすく促す事が出来ます。

 

また便が固いと便意を感じにくくなるので、食物繊維や水分を積極的に補給して便をやわらかくしてあげましょう。それと、骨盤底筋を回復させる為には、スクワットなどの運動が有効です。生活習慣を改めて、運動をしても便秘解消されない時は、医師の診察を受けましょう。自分ひとりでは分からなかった、隠れた原因があるかもしれません。

身体を休ませ自律神経の働きを正常化させるのが大事!

ストレスは心や体に内因外因問わず、生じる負荷です。ストレスからくるあまりたまりますと電気製品のヒューズが飛ぶように、心が壊れてしまいます。実はラブレ菌のような乳酸菌はストレスで弱って不眠症になった人の助けになると言われています。でもあまりにストレスが多い場合は免疫も低下してしまいますから、ラブレ菌の助けを借りながら生活のゆとりを取り戻しましょう。

 

まずは、ご自分が働きすぎていないか確認しましょう。「ワークライフバランスチェック」というもので生活の時間の使い方が確認できます。ずっと仕事ばかりではありませんか。他の人に仕事を手伝ってもらえるように頼んだり、15分退社を早くするという事はできないでしょうか。15分間で出来る仕事の量はたかが知れていますよね。その15分が無いとあなたの仕事の評価はがた落ちでしょうか。違いますよね。会社にいると仕事がどんどん来て帰れなくなります。自分でここまでと決めたところまで終わったら、人手がいらない時はスパッと退社しましょう。

 

その15分間で音楽を聞いたり、花を活けたり、友人と連絡をとったりするだけでも気分は少し楽になります。仕事のことを考えながら入浴や睡眠をとっても休めません。休んだほうが仕事の効率が良くなることもございます。
因みにお若い方は寝すぎる傾向があるようですが、生活リズムが崩れて疲れやすくなる原因となります。日の光を浴びて体内時計をリセットし、体の常在菌が働きやすくすることもサプリメントを飲むうえで大事なことなのです。